なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーネスト・ヘミングウェイ Ernest Miller Hemingway
1899年7月21日 - 1961年7月2日
アメリカの小説家・詩人。

1954年、『老人と海』でノーベル文学賞を受賞。
老人の名はサンチャゴ、しかし海の男である彼には不屈の闘志があった。小舟で沖に出て1週間、ついに遭遇した巨大な、かじきまぐろ。網を繰り続け、大魚と格闘する日が続く。殺すか殺されるか―。だが、いつしか彼の心には、大魚への熱い友情が生まれていた……。
アメリカの文豪、ヘミングウェイが、大自然の中で生き抜く男の、勇敢さとロマンを描き上げた名作。

ランキング参加しております、もしよろしければクリックください
人気blogランキングへ|にほんブログ村 本ブログ

代表作&関連
老人と海
老人と海ヘミングウェイ

新潮社 1966-06
売り上げランキング : 1942

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日はまた昇る
武器よさらば
われらの時代・男だけの世界
異邦人
変身


楽天ブックス


映画化もされている↓
老人と海
アーネスト・ヘミングウェイ ジョン・スタージェス スペンサー・トレイシー
B000DZJJN6


アーネスト・ヘミングウェイ作品

長編小説
『春の奔流』"The Torrents of Spring", 1926年
『日はまた昇る』"The Sun Also Rises", 1926年
『武器よさらば』"A Farewell to Arms", 1929年
『持つと持たぬと』"To Have and Have Not", 1937年
『誰がために鐘は鳴る』"For Whom the Bell Tolls", 1940年
『河を渡って木立の中へ』"Across the River and into the Trees", 1950年
『老人と海』"The Old Man and the Sea", 1952年
『海流のなかの島々』"Islands in the Stream", 1970年
『エデンの園』"The Garden of Eden", 1986年
『ケニア』"True at First Light", 1999年
[編集]
短篇集
『三つの短編と十の詩』"Three Stories and Ten Poems", 1923年
『われらの時代』"In Our Time", 1924年
『男だけの世界』"Men Without Women", 1927年
『勝者に報酬はない』"Winner Take Nothing", 1933年
『第五列と最初の四九の短編』"The Fifth Column and the First Forty-Nine Stories", 1938年
『第五列とスペイン内戦に関する四つの短編』"The Fifth Column and Four Stories fo the Spanish Civil War", 1969年
『ニック・アダムズ物語』"The Nick Adams Stories", 1972年
[編集]
その他
『午後の死』"Death in the Afternoon", 1932年
『アフリカの緑の丘』"Green Hills of Africa", 1935年
『スペインの大地』"The Spanish Earth", 1938年
『移動祝祭日』"A Moveable Feast", 1964年
『狩と旅と友人たち』"By-Line", 1967年
『危険な夏』"The Dangerous Summer", 1985年

アーネスト・ヘミングウェイ作品をamazon.co.jpで検索

『誰がために鐘は鳴る』『武器よさらば』もハリウッドで映画になっています

ハッピーバースデイ!パパ ヘミングウェイ 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/82-c51e6a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。