なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『平和人物大事典』刊行 約2700人の事績を収録

 日本で「平和」を志向してきた人物約2700人の事績を収録する『平和人物大事典』(日本図書センター)が刊行された。監修は鶴見俊輔。「刊行の言葉」で鶴見は、平和について考えるには、欧米の学術用語で思想を語り始めた明治より前にさかのぼることが必要という。そのため、安藤昌益や横井小楠らの江戸後期から、01年の9・11事件前後までを射程とし、外国人も含めて幅広く見渡している。平和に関する書き下ろし論考8編も。B5判・箱入り。

近世後期から9・11テロ事件前後までを対象とし、幅広い分野から、平和を願い模索しながらその実現のために取り組んだ人物およそ2700名を収録。8名の執筆者によるテーマ別の「論考」も掲載する。

平和人物大事典
平和人物大事典「平和人物大事典」刊行会

日本図書センター 2006-06
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


楽天ブックス


人気blogランキングへ|にほんブログ村 本ブログ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/80-7ad31c84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。