なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
芥川賞は伊藤 たかみさんが受賞

第135回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が13日、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞に伊藤 たかみ(35)の「八月の路上に捨てる」(文学界6月号)が選ばれた。伊藤さんの妻は直木賞作家の角田光代さん(39)で、夫が芥川賞、妻が直木賞というカップルは初めて。副賞は100万円。贈呈式は8月22日午後6時から、東京・丸の内の東京会館で行われる。

伊藤さんは神戸市生まれ。純文学の文芸賞でデビューし、その後は主に児童文学や長編小説を発表してきた。「ぎぶそん」で昨年の坪田譲治文学賞。記者会見では「芥川賞は遠い賞だったので驚いています。自分がいただいていいのか実感がわきません」と語った。

 妻の角田さんはかつて3回続けて芥川賞候補になり、直木賞は2回目の候補で射止めた。坪田賞では伊藤さんの先輩にあたる。会見場に祝福に現れた角田さんは「芥川賞はとても大きな賞なので、同じ作家として良かったし、うれしい。受賞作はこれから読みます」と話した。

 受賞作は、自動販売機の清涼飲料水のルート配送のアルバイトをする脚本家志望の男性が、30歳を目前に離婚が決まった妻とすれ違うようになるまでの日々を描く。

 選考委員の高樹のぶ子さんは「若者の生活疲れや切なさがテーマで新しい。いまの社会構造や経済状況が若者たちに影響を及ぼしていることを表している。報われない若い生活者の感覚を強く感じた」と評価した。

伊藤 たかみさんの作品をamazon.co.jpで検索

ぎぶそん
4591086631伊藤 たかみ

ポプラ社 2005-05
売り上げランキング : 25353

おすすめ平均star
star色んな読み方ができる
starガンズとフライングV

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/74-ea9da605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。