なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<北朝鮮ミサイル>狙いは日米に揺さぶり

北朝鮮が5日、テポドン2号を含む弾道ミサイルの連続発射実験を行った主な狙いは、核問題を扱う6カ国協議や日本人拉致問題をめぐり、こう着状態に陥っている米国、日本との関係に揺さぶりをかけ、突破口を開くことだとみられる。脅威を誇示して交渉相手の譲歩を求めるのは北朝鮮の常とう手段であり、関係国政府には冷徹な判断が求められる。(毎日新聞)

北朝鮮7発目を発射~外務省

5日午後5時過ぎ、北朝鮮が7発目を発射。スカッドとみられる~外務省。(NNN)

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/north_korean_missiles/

テポドン参考画像

テポドン2号
北朝鮮が開発中の2段式の長距離弾道ミサイル。日本の防衛白書などによると、新型ブースターを1段目、中距離弾道ミサイルのノドンを2段目に利用し、射程3500―6000キロで米アラスカ州の一部を射程に収めている。3段式にするなど改良を加えれば射程は1万5000キロにのびるとされる。北朝鮮は1990年代までに弾道ミサイルの長射程化に着手したとされ、98年8月に「人工衛星」としてテポドン1号(射程1500キロ以上)を発射、日本列島を飛び越え太平洋側に落下した。

ノドン
北朝鮮が保有する中距離弾道ミサイル。旧ソ連が開発した短距離弾道ミサイル「スカッド」を基に改良したとみられるノドン1号(射程1300キロ)と、ノドン2号(同1500キロ)があり、日本のほぼ全域が射程圏内。1993年に日本海に向けて初試射。発射台車両を使った移動も可能で既に100基以上が配備済みとの情報もある。長距離弾道ミサイル「テポドン」はノドンを2段目の推進力に利用している。

スカッドミサイル
1950年代から旧ソ連で開発が始まった短距離弾道ミサイル。60年代に開発されたスカッドB、スカッドC型が一般的。スカッドBは射程約300キロで、核弾頭搭載可能とされる。スカッドCは射程約500キロ。北朝鮮は80年代にスカッドCの生産を本格化させた

北朝鮮のミサイルは撃ち落とせるのか
北朝鮮のミサイルは撃ち落とせるのか中冨 信夫

光文社 2005-05-23
売り上げランキング : 329407

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
中国が世界標準を握る日 The Day China Grasps the De-Facto Standard
小泉純一郎と日本の病理 Koizumi's Zombie Politics
失われたアイデンティティ
花を売らない花売り娘の物語?ハイタッチ・マーケティング論
日本を滅ぼす「経済学の錯覚」 Illusion of Economics


楽天ブックス

人気blogランキングへ|ブログランキング【Bloking】
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/65-5d40985f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。