なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
澁澤龍彦 1928年 東京(昭和3年)5月8日 作家、仏文学者、評論家。

澁澤龍彦1954年、白水社から最初の訳書『大跨びらき』(ジャン・コクトー著)を出し、初めて澁澤龍彦という筆名を使う。マルキ・ド・サドを日本に紹介した人物として知られ、1959年にサドの『悪徳の栄え・続』を現代思潮社から翻訳出版すると、これを巡って猥褻文書販売および同所持の容疑で在宅起訴された、東京地裁で無罪判決が出たが、検事控訴で高裁から最高裁まで争った末、1969年に澁澤側の有罪が確定。

人間の精神や文明のダークサイドに光を当てたエッセイが世間に与えた影響は大きい。小説家としても独自の世界を追究しいわゆる異端文学・芸術、魔術・オカルティズムの紹介者として、また過激なユートピア思想や快楽主義の体現者として、若い読者層に大きな影響を及ぼす。

三島由紀夫の戯曲『サド侯爵夫人』は、澁澤の影響を受けて書いたものである

-1987年(昭和62年)8月5日 病院で読書中に頚動脈瘤破裂のため死去

没後もなお多くの若い読者を魅了している.

Dracomania  澁澤龍彦著作データベースが充実しています。

悪徳の榮え

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/5-a99455c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。