なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古本 古書店で、、、
本好きには、新刊本とひと味違って、絶版本や廉価本を探し歩くという楽しみがある、
そう古書店めぐりだ、ネットが普及しいろいろな意味で情報や物の収集は劇的に変化したものの、とかく人間のやること、そうたいして変わっていないのでは、、、?
私もネット検索やオークションを利用したこともあるが、やはり休日にのんびりと古書店を徘徊しながら、本日の収穫収穫とほくそ笑みながら、夕方お茶などしていると、
ささやかながら充実感があるのである。また、店売り(良い店)を見て回ると物の価値、値ごろ感が身に付く!近頃はどうしてこんなものがこんな高値なのだという物がオークションで見受けられるが(まー需要あるのだろうが)ふっかけられて後から後悔することもないのである、、、、、、、、、、でもネットは便利です、、、、、、(苦笑)
日本の古本屋
豊富な古書情報 全国3,000軒の古書店組織全古書連がお送りします
http://www.kosho.or.jp/

インターネット古書店案内
古書情報の宝庫。古書店情報や古書検索エンジンがあります
http://sgenji.jp/

本の街 神田
本の街・神田のマップ・本屋情報・イベント情報など。
http://jimbou.info/

日本書籍出版協会
入手可能な書籍の検索ができます。
http://www.books.or.jp/

国立国会図書館
http://www.ndl.go.jp/

日本の図書館と目録サービス
http://ss.cc.affrc.go.jp/ric/opac/opac.html
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/4-e15970ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。