なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広く浅くダ・ヴィンチ・コード お薦め解説本

興行成績トップ独走中のダ・ヴィンチ・コード映画もさることながら

このようなミステリーが長期間ロングセラーを続けている本も

まれなケースですね、ダ・ヴィンチ・コードはもちろん小説です!

フィクションなのですが、そこがどうも ダンブラウン氏の織り交ぜる

実際に存在するキーワードのためか、変に信憑性があり、ついつい

でてくるキーワードを調べてみたくなります。

キリストはまだしも マグダラのマリヤやシオン修道会、オプスデイなんて

ちょっとどきどきしますもの... ミーハーですみません...

ダ・ヴィンチ・コード関連本はたくさんでていますが

中でもこれが読みやすく広く浅い所をついています

探求しすぎると大変ですからね、第一真実なんて誰もわからいでしょう(笑)

ダ・ヴィンチ・コードの「真実」?本格的解読書決定版|楽天ブックス


ダ・ヴィンチはなぜ暗号を使ったのか?マグダラのマリアは一体何者なのか?秘密結社は何を行ってきたのか?そして聖杯とは…?謎が謎を呼ぶ『ダ・ヴィンチ・コード』の世界。「真実」か「虚構」か?時代を超えた「最大級のミステリー」に挑む!!

目次
ダン・ブラウンインタビュー
第1章 秘密結社
第2章 レオナルド・ダ・ヴィンチとその秘密
第3章 失われた福音書
第4章 統合か隠蔽か―真なる唯一の信仰の確立
第5章 マグダラのマリア
第6章 聖なる女性

ダン・ブラウンのインタビューが掲載されているのはこれだけじゃなかったかな?



人気blogランキングへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/38-9e873652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。