なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダビンチコードの世界 関連本 6

全世界を震撼させた歴史ミステリーにして大ベストセラー。貴方は映画を見る前に読むか、見てから読むか、読みはじめたらやめられない


『ダ・ヴィンチ・コード』に登場する数々の暗号キーワードは、西洋の美術史、宗教、戦争など、その背景に興味が広がります。ダ・ヴィンチ・コードの世界をもっと楽しむために、もっと知りたい方に『ダ・ヴィンチ・コード』の世界を味わうお薦め本 集めてみました。(amazonlink)

キリストとテンプル騎士団?スコットランドから見たダ・ヴィンチ・コードの世界
ダ・ヴィンチがいた秘伝研究グループ「グノーシス」とはなにか?自分を知り、神を知り、高次元を体感して、キリストの宇宙意識を合理的に知るその方法とは?これからの進化のストーリーを探る。

ダ・ヴィンチ・コードの雑学大事典?暗号(コード)を読み解くキーワード!「ダン・ブラウンは元ロックシンガー」「ダ・ヴィンチの正体はスパイだった!?」「イエス=キリストは投票で神になった」「流転する『モナ・リザ』の数奇な運命」「『最後の晩餐』でナイフを持っているのは誰の手?」などなど、知っているようで知らない『ダ・ヴィンチ・コード』にまつわる、あんなことやこんなこと。原作を読んだ人もまだの人も、きっと誰かに話したくなるウンチク200連発。

ダ・ヴィンチ・コード実証学?現地取材で解明された、小説の裏側
最初は、スコットランドのロスリン礼拝堂。『ダ・ヴィンチ・コード』の中で「暗号の大聖堂」と呼ばれた場所だ。それから、ストーリーが展開されたパリへと飛ぶ。シャトー・ヴィレットにはいったい何が隠されているのだろうか?サン・シュルピス教会は本当に異教徒の寺院なのだろうか?ルーブル美術館のピラミッドは、悪魔のために建てられたのだろうか?精密な取材によってスリリングに明かされる謎の数々。あなたの知的好奇心に応える、究極のクリティシズム。

ダ・ヴィンチ・コード キーワード完全ガイド
ダ・ヴィンチの絵画に隠されたミステリー、神秘のヴェールに包まれた秘密結社、次々と投げかけられる不可解な暗号…。『ダ・ヴィンチ・コード』は謎のキーワードにあふれている。そんなもののなかからストーリーを読み解く55個を厳選。徹底解説であなたも主人公・ロバート・ラングドンの気分になれる。


ダ・ヴィンチ・コード謎の旅ガイド
ダ・ヴィンチ・コードに隠された真実を、現地のライターが徹底調査し、書き上げたレポート。あなたは現地を旅する実感を味わう。舞台となる教会・美術館のフロアー図も豊富。パリ・ロンドン・ローマ現地ライターお薦めの、とっておきレストラン・パブなども紹介。

人気blogランキングへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/29-2c65ffbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。