なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴィスワヴァ・シンボルスカ
Wistawa Szymborska、1923年7月2日 -
ポーランドの詩人、随筆家、翻訳家。

ヴィスワヴァ・シンボルスカ 受賞歴

1954年 クラクフ市文学賞
1963年 ポーランド文化省賞
1991年 ゲーテ賞
1995年 ヘルダー賞
1995年 アダム・ミツキェヴィッチ大学名誉医
1996年 ポーランドPENクラブ賞
1996年 ノーベル文学賞

シンボルスカ詩集
96年にノーベル賞を受賞したポーランドの詩人ヴィスワヴァ・シンボルスカ、「非政治的」な言葉によって「政治」への戦い... 詩人にはまだまだたくさんの仕事が残されている、彼女の詩を読むといつもドキッとさせられる そしてシンプルに自然にフッとため息でもつきたくなるようで全身の力が抜けて行くようで...声に出して読みたいそして白い壁を見ながら...

ヴィスワヴァ・シンボルスカの初期の作品から最新作までを抜粋してまとめた詩集。他に7編のエッセイも収録。


シンボルスカ詩集

ヴィスワヴァ・シンボルスカ主な作品 Wis?awa Szymborska The main work

Dlatego ?yjemy (1952)
Pytania zadawane sobie (1954)
Wo?anie do Yeti(『雪男への呼びかけ』) (1957)
S?l (『塩』) (1962)
101 wierszy (1966)
Sto pociech (『百の歓び』) (1967)
Poezje wybrane (1967)
Wszelki wypadek (『万が一』)(1972)
Wielka liczba (『大きな数』) (1976)
Ludzie na mo?cie (『橋の上の人々』) (1986)
Poezje: Poems (1989)
Lektury nadobowi?zkowe (1992)
Koniec i pocz?tek (『始まりと終わり』)(1993)
Widok z ziarnkiem piasku (1996)
Sto wierszy - sto pociech (1997)
Chwila (2002)
Rymowanki dla du?ych dzieci (2003)

Wistawa Szymborska received the Nobel Prize in Literature from the Swedish Academy in 1996

関連リンク Relation site↓
Wislawa Szymborska


Nobel Prize人気blogランキングへ

Nobelprize.org
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/211-b14a4110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。