なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギュンター・グラス Gunter Grass, 1927年10月26日 -
ドイツの小説家、劇作家、版画家、彫刻家。
1999年ノーベル文学賞受賞

2006年8月 78歳を迎えたギュンター・グラスが衝撃的な告白をした!ご存知の方も多いと思いますが、ギュンター・グラスの最新作 Beim Hauten der Zwiebel (仮訳『玉葱の皮を剥きながら』)のなかで、ギュンター・グラス自身が 1944年11月、満17歳で武装親衛隊(ナチス)に入隊し、基礎訓練の終了後の1945年2月にドイツ国境にてソ連軍を迎撃する装甲師団に配属され、負傷するまで戦車の砲手として務めた過去を暴露しました、この衝撃的告白により、ヨーロッパ各国マスコミではノーベル文学賞を返還すべきだとの声迄上がりました。



私もこのニュースはビックリしました、『ブリキの太鼓』のギュンター・グラスがナチ? 『ブリキの太鼓』たしかあの話しは丁度ナチスドイツが台頭する時期、主人公オスカル少年はそんな世相に落胆し成長することをやめてしまう、3歳の誕生日に貰ったブリキの太鼓を叩き続け、意に添わぬことがあるとタイコを叩き奇声を上げる、するとどうだろう 周囲の物がその奇声によって破壊されるのだ、成長をやめたオスカル少年の手にした物は....



『ブリキの太鼓』は1979年度カンヌ国際映画祭パルム・ドール賞、アカデミー外国語映画賞を受賞しているので ご覧になった方も多いことでしょう、『ブリキの太鼓』はまちがいなくギュンター・グラスの傑作だし、今迄発表されてきた偉大な小説とも肩並べるくらいの作品です、もう一度『ブリキの太鼓』を読んでみようと思う今日この頃です。



ギュンター・グラス 主な作品 G?nter Grass The main work

ギュンター・グラス『ブリキの太鼓』はこちら ↓
ブリキの太鼓 第1部 (1)
ギュンター・グラス 高本 研一

ブリキの太鼓 第1部 (1)

ブリキの太鼓&こちらもお薦め


ブリキの太鼓 第2部 (2) ブリキの太鼓 第3部 (3) ブリキの太鼓 夷狄を待ちながら 響きと怒り
by G-Tools

Gunter Grass received the Nobel Prize in Literature from the Swedish Academy in 1999

Gunter Grass Recommendation

Die Blechtrommel
Gunter Grass
3423118210


Beim Hauten Der Zwiebel
Gunter Grass
3865213308


こちらは映画(DVD)ブリキの太鼓 よい映画です。
ブリキの太鼓(期間限定)(DVD) ◆20%OFF!
ブリキの太鼓(期間限定)(DVD) ◆20%OFF!

関連サイト Relation site

Nobelprize.org|人気blogランキングへ

Nobel Prize|にほんブログ村 本ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/186-1b999986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。