なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荻世いをら 第43回文藝賞『公園』



時間の進め方戻し方が独特の 荻世いをら さんの『公園』はまるで映像(プロモーションビデオ)や短編の映画を見ているような小説です。ここで少し時間を進めて...

荻世 いをら
(オギヨ イヲラ)
1983年、京都府長岡京市に生まれる。現在大学生(早稲田大学文学部)、『公園』で第43回文藝賞を受賞。

第43回文藝賞 受賞作『公園』↓
公園
荻世 いをら
4309017894


過去10年の文藝賞 受賞作

2006年 『公園』荻世いをら、『ヘンリエッタ』中山咲
2005年 『窓の灯』青山七恵、『平成マシンガンズ』三並夏
2004年 『人のセックスを笑うな』山崎ナオコーラ、
野ブタ。をプロデュース』白岩玄
2003年 『黒冷水』羽田圭介
2003年 『オアシス』生田紗代
2003年 『魔女の息子』伏見憲明
2002年 『リレキショ』中村航、『キッズ アー オールライト』岡田智彦
2001年 『インストール』綿矢りさ
2000年 『YOU LOVE US』 黒田晶
1999年 『タイニィ・タイニィ』濱田順子
1998年 『二匹』 鹿島田真希
1997年 『ラジオデイズ』鈴木清剛
1997年 『最後の吐息
1996年 『該当作なし』
1995年 『助手席にて、グルグル・ダンスを踊って』伊藤たかみ
1995年 『ノックする人びと』池内広明

文藝賞とは 季刊文芸雑誌『文藝』年に4回~5回発行(河出書房新社)が公募している文学賞。小説における新人の登竜門として有名で。過去の受賞作に田中康夫『なんとなく、クリスタル』、山田詠美『ベッド タイム アイズ』等があります。文学シーンにたえず新しい才能を世に送り出しています。

関連リンク
文藝春秋ホームページ|人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/184-8a79c968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。