なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養老孟司館長に..初の総合的なマンガ博物館



国内初の総合的な漫画博物館として25日に開館する「京都国際マンガミュージアム」(京都市中京区)の初代館長に、解剖学者で東大名誉教授の養老孟司さん(68)が就任することが決まった。



養老 孟司 ようろう たけし、1937年11月11日 -
神奈川県鎌倉市出身 解剖学者。東京大学教授



嫌いな言葉は「正義」違いのわかる男 養老 孟司さん、『バカの壁』で一躍有名になりましたが 実はその前より著作は多数、あまりの多さにアンチ養老 孟司派からは駄作の量産家と言われていますが、本人は著作を断るよりは引き受けた方が楽だとおっしゃっています



プレイベートは愛煙家で無類の昆虫好きもちろん今回マンガ博物館の館長に選ばれているのは、漫画好きでもあるからです、養老 孟司氏曰く 漫画は絵とセリフが日本語の「漢字とるび」の関係ににていると指摘されています、ちなみにテレビゲームも大好きだとか...



貯金は好まず、自分が金を貯めれば、その分だけお金が足りなくて困っている人が出るという信念?をお持ちの養老 孟司氏、ちょっとサルトル思い出します、ちょっと違うか金銭感覚ゼロとは...(笑)



マンガをもっと読みなさい?日本人の脳はすばらしい
マンガをもっと読みなさい?日本人の脳はすばらしい養老 孟司 牧野 圭一

晃洋書房 2005-09
売り上げランキング : 70584

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
こまった人
脳という劇場 唯脳論・対話篇
超バカの壁
無思想の発見
科学は豹変する


お薦め本


まともバカ?目は脳の出店

解剖学の第一人者の目から見ると、とんでもなくいびつに生きている人間の姿があぶりだされる。あらゆることが脳の中で行われ、「ああすればこうなる」で突っ走ってきたものの、ああすればこうなる以外のことが起こったとき、うろたえる人間がそこにいる。人の「生老病死」は計算できない…。はたして自分が何かわかっているのか…。ものの見方・考え方がウソのように変わる本。レビューより

まともバカ?目は脳の出店
養老 孟司

まともバカ?目は脳の出店

こちらもお薦め

脳のシワ アイディアを10倍生む考える力 男女(オスメス)の怪 日本人の正体 君子の交わり、小人の交わり?日中関係を90度ずらす
by G-Tools

オフィシャル 
養老 孟司|人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/179-2b022ba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。