なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
萩原 朔太郎 はぎわら さくたろう 1886年11月1日 - 1942年5月11日
群馬県前橋市生まれ 大正・昭和期の詩人、作家。

萩原 朔太郎さんといえば やはり代表作『猫町』その幻想的な作風は少々背筋がぞっとすることもありますが、ストーリーも もちろん面白く特に『猫町』などは短編ですので読みやすくお薦めです、またこの作品 言葉だけよりビジュアルがあるとよりいっそう効果的で、その『猫町』のビジュアル効果を遺憾なく発揮しているのが 以下の金井田 英津子 のイラストがある『猫町』です、なんだか頭がクラクラしますよ、迷い込んでしまいます(笑) 今だ!ニャオー

猫町
萩原 朔太郎

猫町

こちらもお薦め

冥途 夢十夜 狂人の太鼓 人形の旅立ち 猫町 他十七篇
by G-Tools

萩原 朔太郎 主な作品

秋と漫歩 
田舎の時計他十二篇 
ウォーソン夫人の黒猫 
易者の哲理 
易者の哲理 
家庭の痛恨 
喫茶店にて
散文詩・詩的散文 
宿命 
純情小曲集  
常識家の非常識  
装幀の意義 
蝶を夢む 
月に吠える 
月の詩情 
定本青猫 
夏帽子  
名前の話 
ニイチェに就いての雑感  
日清戦争異聞(原田重吉の夢)
猫町 
病床生活からの一発見 
氷島 
僕の孤独癖について  
ラヂオ漫談 
老年と人生 

萩原 朔太郎さんの作品へ

萩原 朔太郎こちらでも読めます(ipodに入れて読書)
萩原 朔太郎 青空文庫|人気blogランキングへ

数年前に世田ヶ谷文学館という所では「ムットーニのからくり劇場」という物でムットーニを使った『猫町』の朗読がたのしめました、現在も開催されているか不明ですが興味のある方は以下に
世田ヶ谷文学館|にほんブログ村 本ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/178-ac814c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。