なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
V・S・ナイポール V.S.Naipaul.1932年8月17日 -
イギリス 作家。西インド諸島トリニダードのインド人の家系に生まれる。

2001年にノーベル文学賞を受賞。
トリニダードのインド人社会を舞台にした小説を数多く書き、コミカルな作風で高く評価さている。

V・S・ナイポール 主な作品

小説
『神秘な指圧師』The Mystic Masseur(1957)
『ミゲル・ストリート』Miguel Street(1959)
『ある放浪者の半生』Half a Life(2001)
ノンフィクション
『インド-傷ついた文明』(1977)

V・S・ナイポール お薦め 『ある放浪者の半生』

インドからロンドン,アフリカへ,「自分だけの物語」を探して旅を続ける男.社会運動の波も放埒な性の快楽も,彼に人生のあり方を教えてはくれない.植民地解放運動の時代を背景に,現代の自己探求のあり方を描く,永遠のモラトリアム小説。

ある放浪者の半生
V.S.ナイポール

ある放浪者の半生

こちらも好きかも

運命ではなく 夷狄を待ちながら ミゲル・ストリート あらゆる名前 恥辱
by G-Tools

V.S.Naipaul The main work

*Novel
The Suffrage of Elvira(1958)
A House for Mr Biswas(1961)
Mr. Stone and the Knights Companion(1963)
A Flag on the Island(1967)
The Mimic Men(1967)
In a Free State(1971)
Guerillas (book)|Guerillas(1975)
A Bend in the River(1979)
Finding the Centre(1984)
The Enigma of Arrival(1987)
A Way in the World(1994)
Magic Seeds(2004)

*Nonfiction
The Middle Passage: Impressions of Five SocietiesBritish, French and Dutch in the West Indies and South America (1962)
An Area of Darkness (1964)
The Loss of El Dorado(1969)
The Overcrowded Barracoon and Other Articles (1972)
A Congo Diary (1980)
The Return of Eva Per?n and the Killings in Trinidad (1980)
Among the Believers: An Islamic Journey (1981)
Finding the Centre (1984)
A Turn in the South (1989)
India: A Million Mutinies Now (1990)
Homeless by Choice (1992, with R. Jhabvala and Rushdie|S. Rushdie)
Bombay (1994, with Raghubir Singh)
Beyond Belief: Islamic Excursions among the Converted Peoples (1998)
Between Father and Son: Family Letters (1999, edited by Gillon Aitken)
Literary Occasions: Essays (2003, by Pankaj Mishra)

V.S.Naipaul received the Nobel Prize in Literature from the Swedish Academy in December 2001

V.S.Naipaul Recommendation

In a Free State
V. S. Naipaul

In a Free State

by G-Tools

V.S.Naipaul Relation
Miguel StreetIndia: A Wounded CivilizationA Bend in the RiverBeyond Belief: Islamic Excursions Among the Converted PeoplesA House for Mr. Biswas (Vintage International)

関連サイト Relation site↓

Nobelprize.org|人気blogランキングへ

Nobel Prize

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/173-f413dc89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。