なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
泉鏡花文学賞に嵐山光三郎さん「悪党芭蕉」

第34回泉鏡花文学賞(金沢市主催)の選考委員会が12日、東京都内で開かれ、嵐山光三郎さんの「悪党芭蕉」(新潮社)に決まった。副賞100万円。授賞式は11月20日、金沢市文化ホールで開かれる。

悪党芭蕉
弟子は犯罪者、熾烈な派閥抗争、句作にこめられた危険な秘密…。“俳聖”松尾芭蕉のベールを剥ぐ力作。

悪党芭蕉
嵐山 光三郎

悪党芭蕉こちらもお薦め
芭蕉紀行 日本詣で 文人悪食 奥の細道温泉紀行 うらなり
by G-Tools

嵐山 光三郎 あらしやま こうざぶろう、1942年1月10日 - 日本の作家、エッセイスト。
本名、祐乗坊 英昭(ゆうじょうぼう ひであき)。

1988年『素人庖丁記』第4回講談社エッセイ賞。
2000年『芭蕉紀行』第9回JTB紀行文学大賞。
2006年『悪党芭蕉』第34回泉鏡花文学賞。

他の文学賞へ|人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/160-033bd04d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。