なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガルシア・マルケスのエレンディラがない!

本屋さんで本がなくなってるとドキッとします

昨日はごっそり本を買いあさったお話をしましたが

特に10%offではかため買い

このお店は半期に一度の割合で(四半期に一度かな)

そこのショップのカードを持っていれば10%offなのですが

そのセールに合わせて買いたい本をピックアップ

ひらたく言うと買い控えて セールに合わせてそのお店で

買おうと思っていたのですが、

そう全てこちら思い通りにいきません

なにかって? 

やっぱり欲しい本の在庫がなくなっちゃうんです

売り切れちゃうんですね~

まー 別の本屋さんで定価で買えばいいやって軽く考えてたのですが

仕事場近所の本屋さんも在庫あったのに売り切れちゃって(あれれ)

大手の本屋も回ってみると在庫切れ(あちゃー)

こんな失敗をいつも繰り返しているのですが

きっと あるとこにはあるんだろうが

もう 本屋さんをまわるもくたびれてしまいました

ここは一発アマゾンor楽天で検索!!

アマゾン 楽天とも在庫あり あがたい

ものはガブリエル・ガルシア・マルケス 『エレンディラ

これもそろそろ買っておかないとなくなっちゃうかも

あー 本屋さんで売っていた本がなくなっているとドキッとする

絶版こわいです

人気blogランキングへ|にほんブログ村 本ブログ

エレンディラ
エレンディラガブリエル ガルシア・マルケス 鼓 直 木村 栄一

筑摩書房 1988-12
売り上げランキング : 9901

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
予告された殺人の記録
百年の孤独
幸福な無名時代
愛その他の悪霊について
伝奇集


コロンビアのノーベル賞作家ガルシア=マルケスの異色の短篇集。“大人のための残酷な童話”として書かれたといわれる6つの短篇と中篇「無垢なエレンディラと無情な祖母の信じがたい悲惨の物語」を収める。

ガブリエル・ガルシア=マルケス Gabriel Jose Garcia Marquez、1928年3月6日-
コロンビアの作家。

ガルシア=マルケス作品一覧

小説
短編集 落葉(La hojarasca)-1955年
大佐に手紙は来ない(El coronel no tiene quien le escriba)-1961年
青い目の犬(Ojos de perro azul)-1962年
悪い時(La mala hora)-1962年
ママ・グランテの葬儀(Los funerales de la Mam? Grande)-1962年
百年の孤独(Cien a?os de soledad)-1967年
族長の秋(El oto?o del patriarca)-1975年
エレンディラ(La incre?ble y triste historia de la c?ndida Er?ndira y de su abuela desalmada)-1978年
予告された殺人の記録(Cr?nica de una muerte anunciada)-1981年
コレラ時代の愛(El amor en los tiempos del c?lera)-1985年
十二の遍歴の物語(Doce cuentos peregrinos)-1992年
迷宮の将軍(El general en su laberinto)-1989年
愛その他悪霊について(Del amor y otros demonios)-1994年
わが悲しき娼婦たちの思い出 (Memorias de mis putas tristes)-2004年
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/149-a88d1ec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。