なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブリジット・バルドー Brigitte Bardot,1934年9月28日 -
フランス・パリ出身の女優。頭文字がBB(フランス語では「ベ・ベ」と読む)「BB」が愛称になった。

いつの世代にもいる憧れの大スター!グレースケリーしかり、イングリッドバーグマンしかり、ヘップバーンしかり、ちと古いかな?いや時代に関係なくスクリーンに輝き続けるスターの存在はとりわけビューティフル!特にハリウッドやヨーロッパの俳優さんはいつの時代も羨望のまとであり、もちろん恋人でもあります ブリジット・バルドーもそんな時代を超えた女優さんの一人l、なんとも男からみれば悪魔のようなイメージで翻弄されますが、ゲンズブールとの不倫の話題なんて あーイメージ通りだーなんて、そんなブリジット・バルドー 私生活では動物愛護運動に積極的に参加していた一面も残念にも引退してしまったブリジット・バルドー でもDVDでモニターにいつでもよみがえります。

人気blogランキングへ|にほんブログ村 本ブログ

ブリジット・バルドー 主な出演作品

ビキニの裸女 Manina, la fille sans voile (1952)
夜の騎士道 Les Grandes manoeuvres (1955)
この神聖なお転婆娘 Cette sacr?e gamine (1956)
素直な悪女 Et Dieu... cr?a la femme (1956)
殿方ご免遊ばせ Une parisienne (1957)
可愛い悪魔 En cas de malheur (1958)
私の体に悪魔がいる La Femme et le pantin (1959)
気分を出してもう一度 Voulez-vous danser avec moi? (1959)
私生活 Vie priv?e (1962)
軽蔑 Le M?pris (1963)
ビバ!マリア Viva Mar?a! (1965)
セシルの歓び ? coeur joie (1967)
世にも怪奇な物語 Histoires extraordinaires (1968)
ラムの大通り Boulevard du rhum (1971)
ブリジット・バルドー/ドンファン(1973)

そして引退 

自伝 イニシャルはBB ↓

BBは1934年9月28日に生まれ、18歳のとき五歳年上のロジェ・ヴァディムと結婚した。波瀾の女優人生の始まりである。四年後、夫ヴァディムの出世作でもある『素直な悪女』で共演したジャン=ルイ・トランティニャンとのロマンスを経験してからは、有名人のみならず有象無象の男たちとの色事が絶えず、七年ごとに結婚・離婚を繰り返した。ジルベール・ベコー、ラフ・ヴァローネ、ジャック・シャリエ(第二の夫)、サミー・フレー、サッシャ・ディステル、ギュンター・ザックス(第三の夫)そしてセルジュ・ゲンズブール…とその数計り知れず。スキャンダルを追い求めるパパラッチたちの格好の餌食になると知りつつ、何が彼女をそうさせたのか―たんなる男好き、それとも…?1973年に映画界に別れを告げたBBがいま、銀幕の大スターでありながらも自分を飾らず素直に生きようとした人生を振り返り、率直かつ赤裸々に私生活の内幕を、はたまた女としての栄光と凋落を、自らの言葉で物語る!仏ポール・レオトー賞受賞、伊キャンチアーノ文学賞受賞。

イニシャルはBB
イニシャルはBB

ブリジット・バルドー ポスターフレームセット
ブリジット・バルドー ポスターフレームセット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/143-7644044a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。