なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『涙そうそう』が映画になって戻ってきます

数年前にその清涼感がこの忙しい社会をすこしだけホッとさせてくれたヒット曲『涙そうそう』、紅白でも取り上げられましたし説明不要でしょうが、作詞:森山良子 / 作曲:BEGINの作 で 夏川りみさんがカバーして大ヒットを記録したこの『涙そうそう』が今回は小説(脚本にちかいかな)そして映画になって帰ってきました、主演の長澤まさみさんは 今もっとも期待されている若手の女優さんだけにその素朴な(自然体な演技に)期待がもてますね。

原作『涙そうそう』
涙そうそう
吉田 紀子 吉田 雄生
434440842X

涙そうそう

亡き母の「タコライス屋」をもう一度出すという夢を持ち、ひたむきに生きる洋太郎。彼には別々に暮らす、血のつながらない妹・カオルがいる。カオルの高校入学を機に、同居することになるが、洋太郎と恋人・恵子の間に微妙なブレが生じ始める。そして、洋太郎は自分の中にある特別な思いに気づく。沖縄を舞台に描かれた、恋より切ない愛の物語。

著者略歴
吉田 紀子
1959年生まれ。脚本家。明治大学文学部演劇学専攻卒。卒業後、OL生活を経て、富良野塾へ二期生として入塾。脚本作品に「お見合い結婚」「恋を何年休んでますか」「Dr.コトー診療所」など多数

吉田 雄生
1962年生まれ。横浜国立大学経済学部卒。卒業後、ニッポン放送入社。2004年、独立。

映画『涙そうそう』
監督/土井裕泰 『いま、会いにゆきます』
脚本/吉田紀子 『 Dr.コトー診療所』
キャスト:妻夫木聡、長澤まさみ、麻生久美子、塚本高史、中村達也、平良とみ、森下愛子、船越英一郎、橋爪 功/小泉今日子 他

映画『涙そうそう』
ランキング参加しております、できればクリックおねがいします
人気blogランキングへ|にほんブログ村 本ブログ

妻夫木聡×長澤まさみ『涙そうそう』 photo story book
4048540505


すべての人の心へ -映画 涙そうそう 兄ィニィと過ごした日々-
妻夫木聡 長澤まさみ 麻生久美子
B000GQMKJ2


2006年9月30日全国東宝系にて公開の劇場版「涙そうそう」に先駆け、その舞台裏、出演者のインタビューなどメイキングシーンを満載!
泣ける!そして心温まる愛の物語の世界へと導くナビゲートDVDが登場!!

主 題 歌はもちろん「涙そうそう」夏川りみ

美ら歌よ~沖縄ベスト・ソング・コレクション~
オムニバス 夏川りみ 森山良子
B00006IIGX


夏川りみ「涙そうそう」やBEGIN「島人ぬ宝」、森山良子「さとうきび畑」、ディアマンテス、加藤登紀子、おおたか静流などの沖縄ソングのコンピレーション。懐かしくて心にずしんと響くメロディはクセになりますよ。

癒されます...
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/142-f01e1b8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
映画涙そうそうは、台風がらみのトコが難点!?これから買おうかどうしようか涙そうそう。思いっきり泣きたいと思う人が満足できる内容なのか?
2006/12/22(金) 14:06:29 | 【長澤まさみレアコレクション】
喜納昌吉&チャンプルーの「ハイサイおじさん」、BEGINの「島人ぬ宝」、普天間かおりの「ティンサグの花」など、沖縄系アーティストの楽曲がエディットされたコンピレーション。"島唄"の魅力を伝える沖縄音階、不思議な郷愁感を呼び起こす三線(さんしん)、自
2006/11/24(金) 14:46:56 | 1-kakaku.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。