なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作家の日向康さん死去 

日向 康さん(ひなた・やすし=作家)7日、心不全で死去、
田中正造の伝記「果てなき旅」で大佛次郎賞(おさらぎじろうしょう)を受賞

日向 康(ひなた やすし)
作家。1925年栃木県宇都宮市に生まれる。1945年陸軍士官学校復員卒業。この年の末より仙台に住み、林竹二に師事。
1979年田中正造の伝記『果てなき旅(上・下)』(福音館書店)にて第六回大佛次郎賞受賞。
著書『それぞれの機会』(中央公論社)『田中正造ノート』(田畑書店)『林竹二 天の仕事』(講談社)『非命の譜―神戸・堺浦両事件末』(毎日新聞社)『オレンジ色の斜光』(毎日新聞社)『田中正造を追う―その“生”と周辺』(岩波書店)。

松川事件?謎の累積
松川事件?謎の累積日向 康

新風舎 2005-06
売り上げランキング : 219030

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
三鷹事件?1949年夏に何が起きたのか
謀殺 下山事件
ドキュメント帝銀事件
名張毒ブドウ酒殺人事件六人目の犠牲者?六人目の犠牲者
下山事件?最後の証言


1949(昭和24)年8月17日午前3時9分、福島県松川町の東北本線で、突如列車が転覆、機関士ら3名が死亡するという事件が起こった。この事件で20名が逮捕されたが、1963(昭和38)年、全員無罪が確定した。だが、今日にいたっても真犯人は挙がっていない。
本書では、著者が保線係長の証言に出会ったことが契機となり、事件の深層を急速に解明していく――。解説は戦後思想界を先導した鶴見俊輔氏。
冷戦の進行と大量の人員整理が背景にある鉄道3大事件がついに完結。「下山事件」「三鷹事件」、そして「松川事件」はいまだ謎につつまれる。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/135-f04c90e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。