なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正岡子規 まさおかしき、1867年10月14日(旧暦9月17日) - 1902年9月19日
俳人、歌人。

正岡子規ちょこっとトリビア:
正岡子規は日本最初期の野球選手 子供頃の名が 升(のぼる)といい、ベースボールと引っ掛けて野球(ノボール)と呼び表記していた、しかし一般的にこれを やきゅう(野球)と呼ぶのはその4年後である。

正岡子規は野球に関係のある句や歌を詠むなどしており、文学を通じても野球の普及に貢献したとして正岡子規は2002年野球殿堂入りを果たしている、ちなみにポジションは捕手。

『ベースボール」を「野球」と最初に翻訳したのは中馬庚(ちゅうまん・かなえ)という方ですが、「野球」という表記を最初に行ったのは正岡子規なんですね。

人気blogランキングへ|にほんブログ村 本ブログ

正岡子規の著作
病牀六尺
病牀六尺正岡 子規

岩波書店 1984-07
売り上げランキング : 86124

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
仰臥漫録
墨汁一滴
歌よみに与ふる書
子規句集
子規歌集


近代短歌の鑑賞77

楽天ブックストップページ
楽天ブックストップページ

正岡 子規 青空文庫へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/132-a1742ff6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。