なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハーランド・デーヴィッド・サンダース Harland David Sanders
1890年9月9日 - 1980年12月16日
ケンタッキーフライドチキンの創業者。称号はケンタッキー・カーネル。カーネル・サンダースとして知られている。

カーネル(英:colonel)というのは、名前でも軍の大佐でもなく、ケンタッキー・カーネルというケンタッキー州に貢献した人に与えられる名誉称号である。

ご苦労された方は年配になっても体を安めずいろいろ気骨に動いていらっしゃる方が多いように思います、ケンタッキーフライドチキンの生みの親のカーネル・サンダースも路面電車の車掌を皮切りに、軍隊、消防士、保険外交員、船の仕事、タイヤ売り、ガソリンスタンドなどなどいろいろ職を経験しやっとのことでガソリンスタンドの一角を借りて食堂コーナーでお店を始めます、これがケンタッキーフライドチキンのはじまりです、はじめは小さなお店でしたが味と接客が良いため繁盛するようなったようです、でも良いことは続かず火事があったり、高速道路の開通で客の流れが変わり、店に客が入らなくなったりとたいへんだったみたいです、それでもフライドチキンをワゴン車に積んで、各地を回り、その調理法を教えて、フランチャイズに加ってもらい、歩合をもらうというアイディア商法を考え出す。これが、ケンタッキー・フライドチキンの始まりとなるわけです。ガソリンスタンドの一角に店を出したのは40歳、あのケンタッキーフライドチキンの製法(レシピ)を確立したのは65歳です、苦労と失敗続きの青春時代~無一文になり65歳からはじめたフライドチキンの事業、そして成功!ちょっと勇気をもらえる本ですよ、人生まだまだかなって!

ランキング参加しております、できればクリックおねがいします
人気blogランキングへ|にほんブログ村 本ブログ

ぼくのフライドチキンはおいしいよ?あのカーネルおじさんの、びっくり人生
ぼくのフライドチキンはおいしいよ?あのカーネルおじさんの、びっくり人生中尾 明

PHP研究所 2002-12
売り上げランキング : 81989

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
カーネル・サンダース?65歳から世界的企業を興した伝説の男


お店の前に白いスーツ姿で立っていて、皆によく知られているカーネルおじさん。あのモデルは、アメリカ生まれのフライドチキンを世界に広めたカーネル・サンダース。あの姿はおなじみになっているのに、彼の驚くような波乱の生涯は意外と知られていない。
幼くして父親を亡くし、働く母の代わりに家事をするカーネル。7歳にしてパンを焼き、美味しいものを作る喜びを知るが、すぐに働き手として家をはなれ、職を転々とする苦労続きの青春を過ごす。なかなかうまくいかないカーネルが、成功の階段を登るきっかけになったのは、「美味しいフライドチキン」だった。レビュー

65歳からはじめたフライドチキンの事業で大成功するまでの数々の失敗と苦難。カーネルはどうやって乗り越えたのか。とにかく知られざるびっくりするカーネルおじさんの人生を描き出します。

90歳まで現役で各地を周り自分の製法を守り、少しでも余裕ができると慈善活動を行い、孤児院の子供たちのために毎日アイスクリームをつくったり、肢体不自由児のための基金をつくったりしました。人を幸せにする事に引退はない。

日本には、1972年、78年、80年と3回来日しました。数々の慈善活動をはさみながら意欲的に店舗を回ったカーネルは、いつも「日本のKFCが一番気に入っている」と言っていたそうです。

*「決して引退を考えずにできるだけ働き続けろ」「人間は働きすぎてだめになるより、休みすぎて錆付きだめになる方がずっと多い」カーネル・サンダース

ハッピーバースデイ カーネル・サンダース!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://books2006.blog65.fc2.com/tb.php/124-3b0d3828
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。