なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョルジュ・バタイユ Georges Bataille, 1897年9月10日 - 1962年7月8日
フランスの思想家・作家。

ジョルジュ・バタイユ主要著作

『眼球譚』 "Histoire de l'?il"
『死者』 "Le Mort"
『マダム・エドワルダ』 "Madame Edwarda"
『エロティシズム』 "L'?rotisme"
『エロスの涙』 "Les Larmes D'?ros"
『呪われた部分』 "La Part Maudite"
『有用性の限界』 "La Limite de L'Utile"
『空の青』 "Le Bleu du ciel"
『宗教の理論』 "Th?orie de la Religion"

ジョルジュ・バタイユの著作へ

ランキング参加しております、できればクリックおねがいします
人気blogランキングへ|にほんブログ村 本ブログ

ジョルジュ・バタイユ 処女小説 眼球譚(初稿) 
とにかくショッキング エロスとか耽美というのはこういうものなのか!
ラストの眼球にはしばらく背筋が凍るが強いエロスを感じる私も異端なのでしょうか?
眼球譚には改稿版と初稿版があり以下の文庫は1928年にオーシュ卿という匿名で地下出版された眼球譚を翻訳したものです、あるうちに買っときましょう。

眼球譚(初稿)
眼球譚(初稿)ジョルジュ バタイユ Georges Bataille 生田 耕作

河出書房新社 2003-05
売り上げランキング : 24672

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
マダム・エドワルダ?バタイユ作品集
空の青み
エロティシズム
バタイユ入門
エロスの涙


1928年にオーシュ卿という匿名で地下出版されたバタイユの最初の小説。本書は、著者が後に新版として改稿したものと比べて全篇にわたって夥しい異同がある。サド以来の傑作と言われるエロティシズム文学として、「球体幻想」を主軸に描き上げた衝撃作であり、二十世紀の文学史上、最も重要な異端文学のひとつとして評価され続けている。

楽天ブックスで検索
スポンサーサイト

ランキングサイト参加中
FC2 Blog Ranking|人気blogランキングへ|にほんブログ村 本ブログ

ブックス 本のある生活!BOOKS CAFEホームへ

楽天ブックストップページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。