なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マリー・アントワネット悲劇の王妃

マリー・アントワネット フランス革命時ギロチンで斬首刑にされた王妃

幼少の頃より自由奔放な行いが有名でハープなど音楽が得意な女の子

なんと作曲までしていたとのこと、そういえばモーツアルトにプロポーズされたという

エピソードまで残っていますものね まだまだ若い頃のお嫁にきちゃったもんだから

さぞかし寂しかったんだろうな~ お洋服や髪型で自分をめいいっぱい表現して

当時の王家からは反発をかうこととなります

よく「パンが無ければお菓子を食べればいい」なんて名言がありますが

マリー・アントワネットが言った訳ではありません

でもそんなイメージが当時の民衆を刺激してか

当時 民衆は マリー・アントワネットに謝罪を求めます

フランス革命です

8月10日、パリ市民と義勇兵はテュイルリー宮殿を襲撃し、

マリー・アントワネット、ルイ16世、マリー・テレーズ、

ルイ・シャルル、エリザベート王女

国王一家はタンプル塔に幽閉されます

子供達とも切り離されたマリー・アントワネットは幽閉先で

真っ白い白髪になってしまったそうです

時代の荒波にのまれた悲劇の王妃マリー・アントワネット

確認されているだけで12曲の歌曲がのこされています

ベルサイユのばらの作者でソプラノ歌手の池田理代子さんが、

世界初録音9曲を含む12曲を歌ったCDがこちらです

(それは私の恋人など)マリー・アントワネット作ということです。


ヴェルサイユの調べ ~マリーアントワネットが書いた12の歌(CD)

マリー・アントワネットお薦め伝記本はこちら↓

マリー・アントワネット〈上〉
アントニア フレイザー Antonia Fraser 野中 邦子

マリー・アントワネット〈上〉


女帝マリア・テレジアが同盟の要としてフランスへ送りこんだ花嫁は、たった十四歳の少女だった。慣習とゴシップに満ちた宮殿で大勢の姻族と召使が見守るなか、少女は何を思い、どう振る舞ったか―その激動の生涯ゆえに数々の神話にいろどられ「悲劇の王妃」とも「浪費好きな快楽主義者」とも言われる王妃マリー・アントワネット。そのどちらでもない真実の姿をあたたかい眼差しでとらえ、一人の女性として描ききった伝記。

こちらもお薦め
マリー・アントワネット〈下〉 ベルばらKids 王妃マリー・アントワネット?青春の光と影 王妃マリー・アントワネット (下巻) ベルサイユのばら大事典?連載開始30周年記念
by G-Tools

その他のマリー・アントワネット関連品はこちら

本名マリア・アントーニア・ヨーゼファ・ヨアンナ・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン

マリー・アントワネット・ドートリッシュ
Marie Antoinette d'Autriche
1755年11月2日 - 1793年10月16日 フランス国王ルイ16世の王妃

Official Site
映画 Marie Antoinette
スポンサーサイト

ランキングサイト参加中
FC2 Blog Ranking|人気blogランキングへ|にほんブログ村 本ブログ

ブックス 本のある生活!BOOKS CAFEホームへ

楽天ブックストップページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。