なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャン=バティスト・カミーユ・コロー
Jean-Baptiste Camille Corot
1796年7月26日 - 1875年2月22日 19世紀のフランスの画家。

裕福な家庭に生まれ、後継ぎとして織物問屋に勤めるが、1822年、商売を嫌い画家に転身する。1855年パリ万博美術展でグランプリに輝く、以後独特のコローカラーである銀灰色を基調とした叙情作品を多く発表し後に多大な影響を与える。

カミーユ・コロー代表作

ナルニの橋(1827年)
ヴィル=ダブレーのカバスユ邸(1835-40年頃)
朝、ニンフの踊り(1850頃)(オルセー美術館)
モルトフォンテーヌの思い出(1864)(ルーヴル美術館)
マントの橋(1868-70年頃)(ルーヴル美術館)
真珠の女(1868-70年頃)(ルーヴル美術館)

働く人々の姿に共感し、農民や動物たちを描いたミレーと上流社会の人々やパリ近郊の風景画を描いたコロー。19世紀のフランスを代表するバルビゾン派の画家二人の作品を紹介。
ミレーとコロー
ミレーとコロー森田 義之 西村 和子

博雅堂出版 2003-04
売り上げランキング : 104621

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
フェルメールとレンブラント ルノワールとドガ マティス レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ マネとモネ


人気blogランキングへ|にほんブログ村 映画ブログ
楽天市場

【Yahoo!ショッピング】新作のDVDやいま話題のDVDが21%OFFから!
スポンサーサイト

ランキングサイト参加中
FC2 Blog Ranking|人気blogランキングへ|にほんブログ村 本ブログ

ブックス 本のある生活!BOOKS CAFEホームへ

楽天ブックストップページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。