なにかと忙しい日々の中でどれだけ良い本と出会えるのかな?名作 迷作 ランキング本御紹介 それにまつわることなど少し、、、
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
植村 直己 うえむら なおみ、1941年2月12日 - 1984年2月13~ ?

日本の登山家 冒険家 男性。
1984年国民栄誉賞受賞。

植村 直己 主な登山・冒険歴
1965年4月23日 - ゴジュンバ・カン登頂
1966年7月25日 - モンブラン単独登頂
1966年10月24日 - キリマンジャロ単独登頂
1968年2月5日 - アコンカグア単独登頂 
1970年5月11日 - エベレスト登頂(松浦輝男と共に日本人初登頂)
1971年1月1日 - グランド・ジョラス北壁完登
1976年7月 - エルブルスに登頂(五大陸最高峰登頂)
1978年4月29日 - 犬ゾリ単独行で北極点到達(単独到達世界初)
1978年8月22日 - 犬ゾリ単独行でグリーンランド縦断成功
1984年2月12日 - マッキンリー厳冬期単独登頂(世界初)

植村 直己 著書

『青春を山に賭けて』 文春文庫 
『極北に駆ける』 文春文庫 
『北極圏一万二千キロ』 文春文庫 
『北極点グリーンランド単独行』 文春文庫 
『エベレストを越えて』 文春文庫 
『植村直己の冒険学校』 文藝春秋

「私のかってな遊びを許してくれ!」
世紀の冒険家が生涯を誓い合った相手に極限の旅先から書き送った数々の手紙。若き日の生々しい素顔と愛情あふれる文面が胸をうつ
植村直己 妻への手紙
植村 直己

植村直己 妻への手紙
こちらもお薦め

青春を山に賭けて 極北に駆ける エベレストを越えて 植村直己、挑戦を語る 植村直己
by G-Tools

「植村直己冒険賞」
兵庫県日高町(現在、市町村合併で豊岡市日高町)が
日高町出身の故植村直己氏を記念して96年から表彰している

第1回 尾崎  隆「幻の山ミャンマー最高峰カカボラジ初登頂」
第2回 米子 昭男「左腕を失うハンディを乗り越えヨットで大西洋・太平洋単独横断」
第3回 関野 吉晴「人類の旅5万キロをたどるグレートジャーニーの冒険」
第4回 大場 満郎「史上初の北極海単独横断と南極大陸約4,000キロの単独横断」
第5回 神田 道夫「熱気球でヒマラヤ・ナンガパルバット(8,125m)越えに成功」
第6回 中山嘉太郎「中央アジア・シルクロードを駆け抜ける」
第7回 山野井泰史、妙子「ギャチュンカン峰(7952m)の登頂に成功」
第8回 安東 浩正「日本人初の厳冬期シベリア単独自転車横断」
第9回 渡邉 玉枝「女性世界最高齢で8000m峰5座目となるローツェに登頂」
第10回 永瀬 忠志 「30年かけリヤカーを引き、世界各地を徒歩踏破。それまでの距離は4万107キロになり、地球赤道一周距離に到達した」

「不撓不屈の精神によって未知の世界を切り拓くとともに、人々に夢と希望そして勇気を与えてくれた創造的な行動(業績)について表彰する」
スポンサーサイト

ランキングサイト参加中
FC2 Blog Ranking|人気blogランキングへ|にほんブログ村 本ブログ

ブックス 本のある生活!BOOKS CAFEホームへ

楽天ブックストップページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。